top of page
笑顔の親子

Pediatric dentistry

​小児歯科

子供の歯は成熟するまでは非常に短期間で虫歯が進行します。乳歯だからといって、虫歯を放置しておきますと。これから生えてくる永久歯に影響を与えます。虫歯で崩壊しますと、永久歯の生えてくるスペースが無くなり、歯並びが悪くさせたり、乳歯の歯茎が腫れて膿をもつことで、永久歯が脆弱になる恐れがあります。
当院では成人に経った時のことを考えた治療を行っております。

虫歯の診察と治療

お子様の虫歯の状況を確認し必要であれば治療を行います。

歯並びの確認

顎の成長に伴い、歯並びに問題がないか確認します。

乳歯の抜歯

抜けにくいもの、永久歯の妨げになる乳歯を抜歯します。

虫歯の予防(ブラッシング指導)

虫歯ができにくく、健康的な歯を維持するブラッシング指導を行います。

フッ素塗布

フッ素とは

  • 歯の再石灰化の促進させる

  • 歯の質を強化し酸から歯を溶けにくくする

  • 酸の生成を抑える

​虫歯予防と初期の虫歯の進行抑制に有効です。

生え立ての乳歯や永久歯は、歯の質が弱いため予防効果が期待出来ます。
当院ではトレーにフッ化物を入れた物をくわえて、上下顎それぞれ約3分、人体には感じない程度の電流を流してフッ素を浸透させる方法を行っております。電流を通す事で、フッ素がより歯の表面により付着しやすくなります。
しかし、穴の開いているような進行した虫歯は治りませんので治療が必要です。

bottom of page